ニュース

『構造活性フォーラム2019』開催のお知らせ(6月7日)

■日 時: 2019年6月7日(金) 午前9時30分会場・午前10時20分開始

■会 場:  日本薬学会長井記念館 B2階 長井記念ホール
     (〒150-0002   東京都渋谷区渋谷2-12-15 )

■主 催: 日本薬学会構造活性相関部会

■協賛・後援: 日本化学会、日本生化学会、日本蛋白質科学会 
         AMED創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業

■プログラム

9:30 開場・受付開始

10:20-10:30 開催のあいさつ
       津本 浩平(実行委員長、東京大学大学院工学系研究科)

10:30-11:15 講演1
      「モダリティ創薬研究の明日を考える-分子デザインの進化-」
       近藤 裕郷(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 医薬基盤研究所長)

11:15-12:00 講演2
      「ウイルスの細胞侵入機構を標的とした創薬モダリティ」
       橋口 隆生(九州大学大学院医学研究院 准教授)

12:00-13:15 昼食

13:15-14:00 講演3
      「標的特異的に結合し、阻害/活性化する中分子の精密設計」
       山東 信介(東京大学大学院工学系研究科 教授)

14:00-14:45 講演4
      「核酸四重らせん構造リガンドを用いた分子標的型光線力学療法」
       三好 大輔(甲南大学フロンティアサイエンス学部 教授)

14:45-15:15 休憩

15:15-16:00 講演5
      「臨床試験から学ぶキナーゼ阻害薬の感受性・耐性」
       河野 隆志(国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野 分野長)
16:00-17:00 講演6
      「オールジャパンでの医薬品創出プロジェクトにおけるAMEDの取り組みとBINDS事業」
       善光 龍哉(AMED創薬戦略部医薬品研究課 調査役(AMEDプログラムオフィサー))

17:00-19:00 懇親会(長井記念館 B2 階 長井記念ホール前ロビー)

詳しくはこちらをご覧ください。