ニュース

東京大学創薬機構におけるBINDS支援内容説明会


東京大学創薬機構では、創薬研究やライフサイエンス研究で有用な低分子化合物探索(化合物サンプル提供・
スクリーニング)や創製(化学合成、薬物動態・物性評価)のご支援を行っています。

本支援は日本医療研究開発機構(AMED)の「創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)」事業として
実施しており、BINDS事業では、放射光施設ビームラインやクライオ電子顕微鏡、化合物ライブラリー、
次世代シーケンサーなどの大型施設・設備の外部開放(共用)を行っています。タンパク質生産、構造解析、
化合物スクリーニング、インシリコスクリーニング、ヒット化合物構造展開、薬物動態・物性評価、
ゲノミクス解析、疾患モデル細胞/動物の作出、毒性試験などの最先端の技術を有する様々な研究者が
皆様の研究を強力にバックアップいたします。

今回、それらの支援内容に関する説明会を本郷キャンパスにて開催いたします。

先着順の事前申込制ですが、途中入退場ご自由ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

【日時】 : 2018年11月19日(月)14:30~17:15 終了後、希望者との相談会

【場所】 : 薬学部本館内

【申込先】: ddiinfo3<at>mol.f.u-tokyo.ac.jp (<at>は@に置きかえ、ご送信をよろしくお願い致します。)

詳細は
https://webfs.adm.u-tokyo.ac.jp/public/COSgAAyI2w4Ahm8B8i9miv444wPiWZEp2A8M5YBUat1b
より案内PDFをご覧下さい。

ご都合が合わない先生も、創薬機構の支援内容に関する概要はウェブサイト(https://www.ddi.u-tokyo.ac.jp/
をご覧いただき、メールにて遠慮なくお問い合わせください。常時、受け付けております。